コンビニのデイリーヤマザキで手作りの『マリトッツォ』を発見!

デイリーヤマザキに行くと、お店の前に手書きの看板があった。どうやら世間では『マリトッツォ』というスイーツがブームらしい。よく見ると「お店で手作りしています!」と書かれているじゃないか。

「コンビニで手作りスイーツってどういうこと?」と、思われる人もいるだろう。しかし、それを可能にするのがデイリーホット併設のデイリーヤマザキなのだ。これはさっそく食レポだ!そのハンパないボリュームに驚く結果に!

スポンサーリンク

お店で手作りしている『マリトッツォ』

イタリアの国旗と一緒に書かれている謎の丸い物体。それよりも謎なのは、右上にいる多分イタリア人と思わしき人物が「お店で手作りしています!」と激しく主張している。

このデイリーヤマザキでは、焼き立てのパンが買えるデイリーホットが併設されている。だからお店で手作りも可能なのだ。以前紹介した『もち食感 揚げ団子(胡麻)』も同じく手作りだ。

お店の中で一番目立つところにディスプレイされた、なにやら目を引くビジュアルのスイーツ。新商品なのか、なにしろイチオシの商品のようだ。

ボリュームのあるシュークリームのような見た目の『マリトッツォ』の目をひく手書きのポップ。

人気があるのか?売れている感じだ。

もう1種類はピスタチオ!

ピスタチオ大好きなんだよなぁ。

普通のとピスタチオの価格差は¥48。正直ホイップクリームよりもカスタードクリーム派の筆者としては、溢れんばかりのホイップクリームのビジュアルにビビった。しかし、ピスタチオは好きなので、ピスタチオ味を試してみることにした。

デイリーヤマザキの『マリトッツォ(ピスタチオ)』はこんな商品

デイリーヤマザキの『マリトッツォ(ピスタチオ)』はこんな感じの商品だ。

  • 商品名:『マリトッツォ(ピスタチオ)』
  • 購入店:デイリーヤマザキ
  • 価格:¥280(税込)

原材料、カロリーなど。名称は菓子パンとなっている。保存方法は冷蔵ではない。確かにディスプレイも常温だ。

『マリトッツォ』とは?

巷では昨年くらいからSNSなどで話題の商品らしい。全然知らないので調べてみた。

マリトッツォ(イタリア語: Maritozzo)は、イタリアのローマを州都とするラツィオ州発祥とされている伝統的な菓子(デザート)。ふんわりした食感のブリオッシュ生地に生クリームを挟んだ菓子。イタリアではカフェでの朝食として食べられたり、菓子店で買うのが一般的である。伝統的なマリトッツォでは松の実、ブドウ、オレンジピールなども加えられる。

この菓子の起源は古代ローマにまで遡ると言われている。マリトッツォという名前は、この菓子を婚約者に贈る習慣に由来している。この菓子は夫から妻に贈られ、プレゼントされた花嫁たちは、贈った人を「夫」の俗称である「マリトッツォ」(イタリア語: maritozzo)と呼んでいた。また、菓子の中には愛する人への贈り物として指輪や小さな宝石が入っていることもあったという。

wikipediaより

なるほど、ロマンチックなデザートだったのか。今回買った『マリトッツォ』は、オレンジピールというかオレンジマーマレードが入っていた。

『マリトッツォ(ピスタチオ)』を徹底調査

購入した商品を持ち帰り、いつものように徹底調査。

まずは正面。ピスタチオがトッピングされている。

斜めから見るとこんな感じだ。

高さは約7.5㎝。

直径は約9㎝。

重さは94gだ。

中がどうなっているのか調べるため、ペロッとめくってみた。

ホイップクリーム、カスタード、オレンジマーマレードが入っているのがわかる。

断面をみてみたいので、気合を入れて真っ二つに切ってみた。

そ〜っと開く、よしっ!

まずホイップクリームがドーン!その下にカスタード、一番下ににオレンジマーマレードがある。

シュークリームと何が違うのか?生地が違うというのはわかるが……なにはともあれ食べてみよう!

『マリトッツォ(ピスタチオ)』の味は?

まずは1つ1つの味を確かめてみた。

  • 生地:柔らかくて少し甘く、バター風味があってブリオッシュっぽい
  • ホイップクリーム:甘さ控えめでピスタチオがアクセントになって良い
  • カスタード:クリームパンを彷彿とさせる
  • オレンジマーマレード:ちゃんと皮も入っていてさっぱりとした甘さ

これら一つ一つが合わさった味を確かめよう。ちょっとまて、これ、フォークではうまく食べられない。手で持ってハンバーガーのようにガブッと食べるのがオススメだ!

一口目はふんわりしたホイップクリームと生地、ピスタチオが食感と味のアクセントになっている。

二口目以降は、カスタードが出てきて濃厚な味になり、最後にオレンジマーマレードですっきりとした後味になった。

ピスタチオのナッティな香ばしさと歯ざわりが絶妙のアクセントとなるので、断然ピスタチオがトッピングされたものをオススメする。

デイリーヤマザキの『マリトッツォ(ピスタチオ)』の感想とまとめ

ホイップクリームが好きな人には大満足な一品だと思う。外見からしてホイップクリーム好きの人しか購入しないと思うが、あまり得意でない筆者でも美味しくいただけた。

ちなみにピスタチオ無しは¥232(税込)で¥48安いけれど、ピスタチオが食感、香ばしい風味、味にもいい仕事しているので、ピスタチオが断然オススメだ。

食べる時は手で持って、ガブッとハンバーガーを食べる感じでいくと食べやすいし、味の変化が楽しめるぞ。

パンよりもデザート寄りだけれど、デザートというよりはパンという、なんとも不思議な食べ物だ。名称には「菓子パン」とある。

デザートのつもりで食べると、ボリュームがあるのでおなかいっぱいになるだろう。それものはず1つ359kcalだった。

このボリュームで¥280(税込)はコスパ良し!ホイップクリーム好きな方にはオススメの一品だ。デイリーホット併設のヤマザキデイリーでは、ぜひ店内調理の『マリトッツォ』を試して欲しい。

タイトルとURLをコピーしました