韓国スナック菓子の『ヤンパリング』は玉ねぎ味がしっかりあっておいしい!

コリアンタウン新大久保からほど遠い『韓国広場』。場所で言えばもう歌舞伎町だろうという場所にある、韓国の食材が売っているスーパーマーケットだ。そこで買った前回の『オー!カムジャ グラタン味』に引き続き今回は『ヤンパリング』のレポをお届けだ。

「オニオンの香り漂うサクサクスナック!」とポップに書いてある。こちらは東方神起のメンバーがオススメしていないらしい。だからといって他のK-POPグループのメンバーがオススメしていたりもしない。もしかすると、誰も勧めたくないヤバい菓子なのか?逆に興味がそそられる。

ぱっと見た感じは、袋に英語とカタカナで書いてあるので、どんな菓子かはわかる。ちなみに“ヤンパ”とは調べたところ、韓国語で玉ねぎのことだ。要するにタマネギ味のスナック菓子だ。早速食べてみた。

スポンサーリンク

『ヤンパリング』ってどんなスナック菓子?

韓国広場で購入した『ヤンパリング』はこんな感じの商品だ。

  • 商品名:『ヤンパリング』
  • 購入店:韓国広場
  • 価格:¥98(税抜)
  • 内容量:50g
  • 原産国:韓国

パッケージにはオニオンリングと、サングラスをかけた玉ねぎのDJ.YANGさんのポップ?ファンキー?なイラストがある。こういう商品あるあるだが、自分が食材になっていることを自覚していないキャラがパッケージには出てきがちだ。

裏をみるとサングラスをはずしたDJ.YANGさんがニッコリしていた。急に可愛らしいぞ。

あれ?よくみるとネックレスのヘッドはオニオンリング!?ヤンパリングをアクセサリーにするという、高度なオシャレ技だ!

原材料名には色々なものが書いてある。オニオン味を感じさせるための調味料が使われているのがわかった。何が入っているのか確認できるのはいい事だ。

1袋50gで242kcal。スナック菓子にしてはそんなにカロリーが高くない商品だ。韓国のスナック菓子はカロリー控えめなものが多いようだ。

『ヤンパリング』を開封して計測してみた

おっ!ちゃんとリング状の形をしている。

お皿に全部開けると結構な量で、形状の崩れたものはほとんどない。想像通りのオニオンリングだ。

多少のバラつきはあるが、直径は約5.5㎝くらいだ。

表面はなめらかで、粉がまぶされていたりはしない。手が汚れずに食べれそうだ。

『ヤンパリング』を食べた感想

オニオンリングの名に恥じず、玉ねぎの風味がちゃんとする!

食感はサクサクというか、カリカリというかとにかく軽い歯ざわりが良い。日本のお菓子で例えると「じゃがりこ」よりは軽くて柔らかい。しいて言うなら「サッポロポテト」に似ている。しかしサッポロポテトよりは太さがある。

味はタマネギの苦味やエグみはなく、甘さを一番感じる。あっさりしていてしょっぱさもそんなにないので、どんどん食べれちゃうぞ。

『ヤンパリング』を食べたまとめと感想

『ヤンパリング』は怪しげな商品ではなく、良い意味で形状・味・食感が想像通りの商品だった。オニオンリングを食べたいという、期待を裏切らないスナック菓子だ。

食べていて「これはいい!」と思ったのは、リングの形状で食べやすいこと。「サッポロポテト」や「かっぱえびせん」は1本ずつたべると少し物足りないが、このオニオンリングは1つずつ食べても満足できる大きさなのが良い。

サクサクとして甘みがあり、しょっぱさをあまり感じないから、どんどん食べれるしタマネギが苦手な人にもオススメの菓子だ。

タイトルとURLをコピーしました