ダイソーの「プレッツェル」3種を食べ比べておいしさのランキングを発表だ!

大きめのダイソーに行った時にお菓子コーナーで発見した「プレッツェル」。裏面を見てみるとどうやら輸入菓子で原産国は韓国だ。味の種類が「スパイシービーフ」「わさび」「チェダーチーズ」と全部で3種類の味がある。それならば全種買って食べ比べだ!

3種類の中でどれが一番美味しいのか、ランキング発表するぞ。

スポンサーリンク

「プレッツェル」とは?

日本だと「プレッツェル」はスナック菓子のイメージが強い気がするが、スナック菓子売り場ではそんなに見かけない。筆者的には時々行くドイツパン屋さんで売っている印象が強いのだが、そもそも「プレッツェル」ってパン?スナック菓子?調べてみると…

プレッツェル(英語: Pretzel、ドイツ語: Brezel: ブレーツェル)は、ドイツ発祥の焼き菓子パン。独特な結び目の形に作られている。プレッツェルはドイツの伝統的なスナックである。

ドイツではプレッツェル売りが、パブなどビールを飲む場所を回ってビールを飲んでいる客に販売する伝統がある。また、オクトーバーフェストに代表されるビールがらみのイベントでは定番のつまみの一つとなっている。

北米ではスナック菓子タイプのプレッツェルとパン・タイプのプレッツェルの両方が普及しており、どちらも同じPretzel(プレッツェル)の名称が使われている。プレッツェルはビールを飲むときのおつまみや、スポーツ観戦時のスナックとして食べられている。アメリカにおけるプレッツェル市場は1億8000万ドルを超える巨大な産業である。

ウィキペディア(Wikipedia)より

「パンタイプ」と「スナック菓子タイプ」のプレッツェルがあって、今回はスナック菓子タイプということになる。スナック菓子のプレッツェルは日本でも「プリッツ」の名で売られているので馴染みがある。

パッケージには日本語と英語表記のみ。プレッツェルに韓国のイメージはないが、どんな味なのか楽しみだ。

開封して計測

こんな感じで入っている。上からだとプレッツェルの形状が保たれている感じ。

お皿に出してみると小さいプレッツェルがいっぱい入っている。中には折れて細かくなってしまっているものもある。

大きさは多少ばらつきがあるので、平均的なものを選んだ。幅約3㎝。

縦約2.5cm。

3つ開封してそれぞれの色を比べてみた。左からスパイシービーフ味、中央がわさび味、右がチェダーチーズ味だ。

これら1種類ずつ食べて、最後にどれが美味しかったかランキングを発表するぞ。

プレッツェル「スパイシービーフ味」の場合

  • 商品名:『PRETZEL(プレッツェル) スパイシービーフ味』
  • 購入店:ダイソー
  • 原産国:韓国
  • 価格:¥108(税込)
  • 内容量:70g
  • 総カロリー:321Kcal

カロリーや原材料名などもすべて日本語。

牛肉粉末(ビーフシーズニング)が使われている。

表面にはシーズニングパウダーのようなものが確認できる。

スパイシービーフ味の感想

期待を裏切らないポリポリとした食感。ん?ペッパーのスパイシーさと甘みを感じる。ビーフのフレーバーがちゃんとあってコクがある。味は濃いめで、そんなに塩っぱくはないが、飲み物と一緒に食べたくなる。美味しい!くせになる味だ。

下戸の筆者が言うのもなんだが、多分ビールと合う感じ。プリッツよりも細くて軽い歯ざわりで、濃いめの味付けはグリコのCRATZ(クラッツ)を彷彿させる。

プレッツエル「わさび味」の場合

  • 商品名:『PRETZEL(プレッツェル) わさび味』
  • 購入店:ダイソー
  • 原産国:韓国
  • 価格:¥108(税込)
  • 内容量:70g
  • 総カロリー:318Kcal

原材料、カロリーなど。

わさび粉末(わさびシーズニング)が使われている。

表面にはシーズニングパウダーのようなものが確認できる。

わさび味の感想

1つ食べるとわさび独特のツーンとする辛味を感じる。そのツーンは結構強いので、苦手な人は無理かもしれない。わさび独特の風味の後に、甘みを感じ、あまり塩っぱくはない。しっかりとした味と風味で美味しいけれど、わさびの強さを考えると大人用で、お酒のつまみにはいいのかもしれない。

プレッツェル「チェダーチーズ味」の場合

  • 商品名:『PRETZEL(プレッツェル) チェダーチーズ味』
  • 購入店:ダイソー
  • 原産国:韓国
  • 価格:¥108(税込)
  • 内容量:70g
  • 総カロリー:320Kcal

原材料、カロリーなど。

チェダーチーズシーズニングが使われている。

表面にはシーズニングパウダーのようなものが確認できる。

「チェダーチーズ味」の感想

そんなに塩っぱくなく甘さを感じるが、チェダーチーズの味がしない?チーズの風味がほんのりするくらい。良く言えば優しい味で美味しいけれど、チェダーチーズの風味どころかチーズっぽい風味すらあまりしない。チェダーチーズ風味を期待して食べると肩透かしに合うと思う。

ランキング発表!最も美味しい味はコレだ!

3つを食べ比べた美味しさのランキングを発表だ!

1位:「スパイシービーフ味」(写真左)

2位:「チェダーチーズ味」(写真中央)

3位:「わさび味」(写真右)

1位の「スパイシービーフ」はビーフ感がちゃんとあって、甘じょっぱい味付けと胡椒のスパイシーさが後を引くクセになる美味しさ。味付け、風味ともに濃いので、満足感がある一品。


2位の「チェダーチーズ」は他の2つに比べるとチェダーチーズ感はあまりないが、ほんのりしたチーズ風味で美味しい。

3位の「わさび」はわさびのツーンとするのが強いので、わさび好きな人にはたまらない反面、苦手な人や子供には無理かもしれない。

今回の「プレッツェル」はそれぞれの風味とともに、甘味を感じるのが特徴だと思う。小ぶりで食べやすい形状とポリポリした歯ざわりの軽さ、味付けの濃さと甘みがあとを引いてパクパク食べてしまうクセになる味。

大人はビールやお酒のおつまみとして、子供やお酒を飲まない人はスナック菓子として楽しめる想像以上の美味しさとコスパのよい商品だ。

タイトルとURLをコピーしました