井村屋『ショートケーキアイス』はいちごソースが美味しくてコスパよし!

『あずきバー』が有名な井村屋から5月22日に新発売されたimuraya『ショートケーキアイス』。井村屋と言えば「和のアイス」のイメージが強いので、ショートケーキのアイスはちょっと意外。冷凍ケーキのような感じなのか?気になったので食べてみたらいちごが大活躍!その詳細をレポしていく。

スポンサーリンク

井村屋『ショートケーキアイス』の詳細

パッケージは目を引くピンクで「imuraya」の文字。そう、アルファベットなので一瞬わからなかったけれど、「あずきバー」が有名な「井村屋」さんの新商品。

「いちご果汁・果肉10%使用」で種別は「アイスミルク」。そして気をつけたいのは「水平にしてお取り扱いください」と書いてあること。

側面には中身の説明が書いてある。一番上は「とろけるミルクソース」、一番下に「スポンジケーキ」。

間には「ミルクアイス」と「果肉入りいちごソース」が入っている。

原材料など。種類別はアイスミルク。

栄養成分。井村屋『ショートケーキアイス』のカロリーは1あたり195kcal。

井村屋『ショートケーキアイス』はどこで買える?

5月22日より全国の量販店・スーパー、コンビニエンスストア、井村屋ウェブショップで販売されている。ちなみに筆者はファミリーマートで購入した。

スポンサーリンク

中身はこんな感じ

開けてみると一面クリーム色。フタとアイスの間には隙間がある。

カップの大きさは約8.5cm。

取り出して高さを測ると、約3〜3.5cmくらい。

取り出してみても、いまいちショートケーキ感はない。

横から見ると、下の部分に赤いいちごっぽものがチラッと見える。

断面を確認したいので切ってみる。

赤いイチゴと底の部分にスポンジらしきものが確認できる。

よく見てみる。パッケージの説明によると上から、とろけるミルクソース、ミルクアイス、果肉入りいちごソース、スポンジケーキ。確かにそんな感じだ。

スポンサーリンク

食べてみる!

まずは一つずつ食べてみる。一番上のクリーム色の「とろけるミルクソース」は、トロリとしていて練乳みたいな感じ。一番分量の多い「ミルクアイス」は生クリームを彷彿とさせるなめらかアイス。「果肉入りいちごソース」は果肉のつぶつぶ感があり、甘酸っぱくて美味しい。一番下の「スポンジケーキ」はフワフワだ。

今度は全部一緒に食べてみる。全体の中で一番分量の多いミルクアイスよりも、いちごの風味と甘酸っぱさの美味しさが印象に残る。甘すぎることなく後味がさっぱりして美味しい。生クリームっぽい?アイスとスポンジ、いちごでショートケーキと言えばショートケーキに近いかもしれない。

このアイスの美味しさを支えているのは「果肉入りいちごソース」だと思う。生のいちごを細かく切って冷凍したようなつぶつぶ感と、かたまり部分がシャリシャリした歯ざわりでアクセントになっていい仕事をしている。

ちなみに、冷凍庫から出してすぐ食べると固くて底までスプーンが入らないので、少し柔らかくなったタイミングで底のスポンジケーキまですくって食べるとショートケーキ感があるのでおすすめ。

スポンサーリンク

まとめと感想

井村屋『ショートケーキアイス』の良いところとイマイチなところをまとめた。

良いところ
  • ショートケーキ気分をアイスで気軽に味わえる
  • 果肉入りいちごソースが美味しい
イマイチなところ
  • 分量の一番多いミルクアイスの存在の薄さ

良いところは、ショートケーキ気分を気軽にアイスで味わえることだろう。アイスの部分よりも「果肉入りいちごソース」の歯ざわりや甘酸っぱさ、美味しさが際立つけれど、いちごのおかげで後味がさっぱりして良い。

イマイチなところは、分量の一番多い「ミルクアイス」の存在の薄さ。良いところと相反するようなことだけれど、アイスが「アイスクリーム」ではなく「アイスミルク」なので、やはりコクや濃厚さをあまり感じることができない。

ショートケーキの再現率は及第点といったところかもしれないけれど、美味しいアイスであることは間違いない。205円(税込)という価格を考えれば、十分なクオリティだと思う。「あずきバー」で和のイメージが強い井村屋さんの洋風アイスにこれからも期待したい。

参考リンク:井村屋

■商品データ

商品名ショートケーキアイス
価格205円(税込)
製造者井村屋
購入店ファミリーマート
内容量95ml
1本あたりのカロリー195kcal
1包あたりの栄養成分たんぱく質2.9g、脂質8.2g、
炭水化物27.5g、食塩相当量0.2g
タイトルとURLをコピーしました