【衝撃】ランチパック生八ツ橋風は驚きの中身だった! スイーツ編

池袋の「ランチパックショップ」で購入した前回の“惣菜編”引き続き、今回は“スイーツ編”の食べ比べをお届けする。

惣菜編では無難な商品を紹介したが、今回のスイーツ編では攻めた商品を紹介だ。なんと“生八ツ橋風”なる味が売っていたので買ってみた。普通に店頭に並んでいたらまず購入することはない味だが、「折角レポをするなら変わったものがいい!」と、妙な意気込みの同行したライターに押されて手に取ってしまった。

一体どんな味がするのだろうか。興味半分、恐怖半分……その中身は驚くべきものだった!

スポンサーリンク

ランチパックSHOPで購入した2種類

前回の意外な商品が美味しかった 惣菜パン編に引き続き、今回はスイーツ編の紹介だ。

店内にある「先月の当店売れ筋ランキング」第1位の「シュガーマーガリン」と、新発売の「生八ツ橋風」をレポする。ちなみに2位の「チーズ!!!」と3位の「東村山黒焼きそば風」の感想は【食レポあり】ランチパック専門店は驚きの品揃えだった!にあるぞ。

「生八ツ橋風」はもう片方のライター的にはピンとくるものがあったようで、迷わずこれ!となったが、筆者的には大冒険。正直、食べる前から嫌な予感しかない。パンに生八ツ橋、まったく合う気がしないのだが……。

その1.「シュガーマーガリン」¥105(税抜)

こちらは「先月の当店売れ筋ランキング」で第1位。味もなんとなく想像できて安心だ。

ロレーヌ岩塩入りマーガリン?ふむ…フランスのロレーヌ地方の岩塩を使ったマーガリンということのようだ。数ある塩の中からフランス産の岩塩を選び、国旗まであしらっているこだわりなのだから、こちらの期待は高まる。

断面はこんな感じ。シュガーマーガリンなので、いたってシンプルだ。

いざ実食!

一口食べると、シャリシャリした食感。これはグラニュー糖か?だが、原材料名には砂糖とはあるがグラニュー糖とは書いていない。岩塩か?いやいやきっとグラニュー糖だ。

別のライターは「ナイススティック」を彷彿させるとのこと。でも、あちらはミルククリームだ。

ほんのり塩気はあるが、岩塩感はわからない。シャリシャリした食感で、甘さも控えめなので食べやすい。

ある意味端まで具が入っていないのが功を奏して、そんなにしつこくなく食べれた。

その2.「生八ツ橋風」¥145(税抜)

こちらは新発売で、パッケージには見覚えのある「おたべ」のマーク。

「おたべ」の生八つ橋は食べたことがある。いつ食べたのか思い出せないくらい前だが、特有のニッキも含めて美味しかった印象。

ランチパックショップには沢山の商品があるのに、なぜあえてのこの味を選択するんだ、アイツは。もう絶対ヤバそうな雰囲気が漂っているじゃないか。パンはパン、八ツ橋は八ツ橋で食べたほうが美味しいと思うのだが

小倉ホイップ?あんこではなく小倉ホイップが入っているらしい。

開封してニッキの風味とあるので、切る前に臭いを嗅いでみると既にニッキの香りがバッチリするぞ。

断面を見ても分かるように、求肥と小倉ホイップが確認できる。

いざ、実食!

おーっ!!!!!!!!一口食べただけで強烈なニッキの香り!

どんな感じか説明すると、あんこを小倉ホイップにした生八ツ橋をそのままサンドした感じだ。小倉ホイップは、あんこよりもパンになじんで良い。求肥もちゃんと存在していてモチッとした食感がある。

どうやって挟まっているのか、気になって開けてみると求肥がペロ~ンと入っていた

白い粉がまぶしてある茶色の部分が求肥だ。

しか〜し!正直なところ、なにしろニッキが強力。小倉ホイップの味をかき消すニッキのパンチ力!多分「おたべ」の「生八ツ橋」はこんなにニッキが強烈ではないはず。いくら「生八ツ橋風」とはいっても、やりすぎ感は否めない。

ランチパックを食べ比べた感想とまとめ

「シュガーマーガリン」が「先月の当店売れ筋ランキング」で第1位だったので、期待したが可もなく不可もない味だった。

“ロレーヌ岩塩入りマーガリン”は、残念ながら普段マーガリンを食べない筆者が美味しい!と思えるようなマーガリンではなかった。しかし、シャリシャリした食感は良かった。そんなに岩塩の塩気はないが、しつこくなく甘さも控えめなので、好きな人は好きだろう。

「生八ツ橋風」はごめんなさい、口に合いませんでした。

ニッキが苦手な人は絶対に無理だろうし、割と好きな筆者でさえ無理だった。正直、これを購入したのは失敗だった。ちなみに、ノリノリで購入した張本人も「無理」だと言っていた。それ見たことか。

結論、今回の2種類は、また売っていたとしてもリピートは無し!

品揃えが週単位で変化するので、行くと見たことのないランチパックに出会えて楽しい。だが、今回のようにハズレを引くこともある。恐るべきランチパックの世界。また、機会があれば「ランチパックSHOP」に立ち寄りたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました