「プルムウォン カニラーメン」に海産系のトッピングをすると一気に激ウマに変わる

記事内に広告が含まれています。

今回紹介するのは韓国の意識高い系メーカーこと、PULMUONE(プルムウォン)のその名も「カニラーメン」だ。パッケージの雰囲気から韓国風チャンポンが好きな身としては、きっとこれも美味しいに違いないと直感した。ただ、問題は辛さだ。韓国の激辛商品は本当に辛い。辛すぎるのは困る。

心配しながらも購入した「カニラーメン(コッケタンミョン)」は、結果的に激辛ではなく旨辛だった。ラーメンの詳細とオススメのトッピングを紹介しよう。

スポンサーリンク

カニラーメン推し

イエスマートで買い物をしていると目に留まったポスター。「カニラーメン」ことコッケタンメンが推されていた。なんでも韓国で大人気ラーメンだとポスターには書いてある。実際人気があるかの真偽は定かではないが、見た目は美味しそうだ。

イエスマートで買い物を終えて、韓国広場に戻ってみると例のカニラーメンがセールになっていた。ああ、さっき推されていたやつか。すいません、イエスマートさん。他の商品を沢山購入したので許してと思いながら購入した。

カニラーメンと本当に書かれているのか、グーグル先生にたずねてみると「花ゲタン綿」とかまったく意味不明な言葉が。カニのカの字もないぞ。

「負担のないカロリー 揚げなかった 最後までしっかり」というのもまた分かり辛いが、要するにノンフライ麺ということだろう。

裏面は日本語のシールが全面に貼られているので、韓国語での調理方法などは分からない。

原材料と成分表示。確かに他の即席麺よりもカロリーが低い

スポンサーリンク

調理開始

それでは調理していこう。作り方は麺とかやくとスープを全部入れて煮るタイプだ。

■カニラーメンの作り方

    1. 鍋に水500ml(カップ2杯半)を沸騰させる
    2. 麺、スープ、かやくを鍋に投入
    3. ほぐしながら中火で5分煮込んで完成

中を開けると麺、かやく、スープが入っている。

袋の上から触ればどっちがどっちか分かるが、赤いのがスープで白いのがかやくだ。今回は全部いっぺんに鍋に投入するので問題ない。

麺は平べったいタイプのもののようだ。

かやくは何が入っているのか、別皿に取り出してみてみる。お、結構ある。

キャベツ、ニンジン、わかめ、ネギ、昆布、それに蟹っぽい何かが入っているようだ。

スープも別皿に開けてみると、見るからにまた辛そうな赤い粉末だ。

これが全部唐辛子でないことを祈ろう。

というわけで、鍋で煮込んで完成。思ったよりも具がある。

スポンサーリンク

オススメのトッピング

まずはトッピングなしの素の状態を確認しよう。麺は平らなタイプのもので、ほどよく縮れている。結構あったかやくが戻るとこんな感じ。何もトッピングしなくても十分食べれそうだ

そのままいけそうな気がするが、トッピングをしてみる。パッケージの写真では蟹やらあさりやら入れているが、そんなものはない。そこで、蟹繋がりでカニカマを入れてみることに。後は彩り的にちょうどあった貝割れ大根を入れてみた。

まずはスープを飲んでみると案の定辛い。だが、魚介の風味がしっかりとあるせいか、旨味のある辛さで美味しい。ただ辛いものが苦手な人と子どもにはオススメできない辛さだ。

麺は結構食べ応えがあって、つるつるもちもちしていて喉越しがいい。ノンフライ麺なので、後味はあっさりとして美味しい。

カニカマを入れたのは大正解だ。魚介のスープと馴染んで美味しさが増す。オススメのトッピングだ。

カニカマが海産系で美味しいということは…同じ海産系の海苔を入れたらうまいんじゃないか?そう思い、途中で海苔を追加トッピングしてみるとこれまた大正解!カニラーメンがより美味しくなった!

他にも例えば海産系だと魚肉ソーセージとか、ちくわなどを入れると美味しいかもしれない。追いワカメをするのもいいだろう。

イエスマートの辛さレベルをチェックしてみると、カニラーメンがあった。

「ちょっと辛い?」レベルだった。韓国ではこの辛さはちょっと辛いだが、日本では普通に辛いので要注意だ。

カニラーメンを食べてみたいけど近所に売っているところがない人は、ネットでも購入できるのでぜひどうぞ!

スポンサーリンク

カニというよりは…

『プルムウォン カニラーメン』の良いところとイマイチなところをまとめた。

良いところ
  • 海産系のトッピングをするとより美味しい
  • かやくが沢山入っている
  • ノンフライ麺なのでカロリー低め
イマイチなところ
  • カニというより魚介という感じ

良いところは海産物のトッピングをするとより美味しくなるが、元々付属のかやくが意外と入っているので何も入れずとも美味しく食べれるところだ。さらにノンフライ麺なので、食べ終えた後もあっさりして胃もたれしないし、他の即席麺よりもヘルシーだ。

イマイチなところとしては、ガツンとカニというよりは魚介スープのラーメンといった感じだった。残念ながらそんなにカニが前面には出て来ない。確かに魚介の風味はあるのだが、カニかと言われれば微妙だ。

ただ、総合的に見て美味しいので、これはまた見かけた時に購入するだろう。辛いのが好きな人はぜひ試して欲しい。

参考リンク:Pulmuone

■商品データ

商品名プルムウォン 蟹ラーメン
価格99円(税別)※セール価格
購入店韓国広場
メーカーPulmuone
内容量103g(めん86g)
1食あたりのカロリー365kcal
1食あたりの栄養成分たんぱく質8.1g、脂質6.0g、
炭水化物70.5g、食塩相当量3.8g
辛さレベル
タイトルとURLをコピーしました