【比較検証】北野エースの紅茶キタノセレクション『アールグレイ』は驚きのコスパだった!

自宅で気軽にガブガブ飲めるティーバッグの紅茶を探していると、とんでもなく激安な紅茶、キタノセレクション『アールグレイ』を北野エースで発見!しかし、さすがに安すぎじゃないか?味のほうは大丈夫なのかと、逆に心配してしまうような値段だ。お店のほうでは激推しのようだし、ここはひとつ買ってみようじゃないか。

せっかくなので食レポついでに、自宅にあったトワイニングとの比較検証をしてみた。さらに、紅茶を抽出するお湯の量についても探ってみたぞ。

スポンサーリンク

キタノセレクション『アールグレイ』の詳細

北野エースで購入したキタノセレクション『アールグレイ』はこんな感じの商品だ。

  • 商品名:KITANO SELECTION『アールグレイ』
  • 購入店:北野エース
  • 価格:¥550(税抜)
  • 1袋当たり:¥5.5(税抜)
  • 内容量:200g(100袋入り)
  • 原産国:スリランカ

関西発祥の「北野エース」は2002年頃から関東にも出店し始めた、食料品を中心に販売するお店だ。店舗一覧を見てみると関東では、東武百貨店、マルイやパルコ、エキュートやグランデュオなどなどいろんなところにある。

そんな北野エースのオリジナル商品が、「KITANO SELECTION」だ。今回購入したのは紅茶だが、他にも様々な商品が販売されているぞ。

まるでティファニーのようなグリーンのパッケージが目をひく。

味の期待が高まる「プレミアム クオリティ ベストチョイス」と書かれたマーク。

セイロンは現在のスリランカの旧国名。

アールグレイと言えばベルガモット!アールグレイ好きな自分の期待は最高潮だ!

商品開封

中には銀色の袋が3つ入っている。

袋を開けるとアールグレイ特有のベルガモットのとても良い香りがする。33袋入りが2つと34袋入り1つで計100袋入っている。ティーバッグの袋は紙製で箱と同じデザイン。

キタノセレクションとトワイニングを比較してみた

さっそく飲んでみようと思っても、紅茶の入れ方がどこに書いてあるか非常にわかりづらい。なぜか他より小さい字で書いてあった。しかもシンプルすぎる説明だ。

約3分ってのはわかるけど、お湯の量はどれぐらいなんだ?

そこでトワイニングのティーバッグを参考にしてみることにした。「温めたカップにティーバッグを入れ、熱湯140mlを注ぎ、約1分むらします」とある。抽出時間が違うが、キタノセレクションの紅茶も同じように作ってみよう。

熱湯140mlで約1分むらしたキタノセレクション。

同じくトワイニングの紅茶もいれてみた。

左がトワイニング、右がキタノセレクション

同じアールグレイでも茶葉の色がだいぶ違うことがわかる。

左がトワイニング、右がキタノセレクション。淹れた紅茶の色はそんなに変わらない。

両方とも色や香りはそんなに差がないが、味はトワイニングのほうがまろやかでコクがある。残念ながらキタノセレクションはこの入れ方だと、渋みが際立ってアールグレイ感が薄れてしまう。圧倒的にトワイニングのほうが美味しい結果となった。

キタノセレクションを美味しく飲む方法を探る

ちょっとまて。トワイニングの入れ方を参考にして作ったが、果たしてこれが正解なのか?いつも筆者が作るやり方で、キタノセレクションを作ってみたらどうなるのか?

もともとティーポットで二杯分ぐらいのお湯を入れて、マグカップでガブガブ飲む用に買った紅茶だ。よし、その入れ方で作ってみよう!

「400mlにティーバッグ2つで3分」と「500mlにティーバッグ2つで3分」で試してみる。

左が500ml、右が400ml。

検証結果

お湯の量の差とアイスorホットで飲む差を一覧表にしてまとめた。

  • ティーバッグを2個使用
  • 3分間蒸らす

ホットの場合

400ml500ml
ストレート渋み多少あり・風味あり
渋み少ない・風味弱め
砂糖小さじ2渋みが薄まる・風味あり
渋み薄まる・風味弱め

アイスの場合

400ml500ml
ストレート渋み多少あり・風味あり
渋み少ない・風味弱め
砂糖小さじ2甘さより渋みを感じる
微糖のアイスティー
砂糖大さじ1まろやか・風味あり
甘いアイスティー

結論としてストレートなら500ml、砂糖を入れるなら400mlがオススメだ。アイスの400mlに砂糖を大さじ1を入れたものは、風味もあって暑い季節にオススメだ。

好みもあると思うが、筆者的にはこの入れ方で満足だった。

キタノセレクション『アールグレイティー』良い点と残念な点

最後にキタノセレクション「アールグレイティー」を食レポ・検証して感じた、良い点と残念な点をまとめた。

良い点

  • 価格が安い
  • 100袋も入っている
  • 気軽に紅茶が楽しめる

残念な点

  • 値段相応の味と風味
  • 入れ方の説明がわかりにくくて大雑把
  • 自分好みのお湯の量を探す必要がある

キタノセレクションは1袋¥5.5(税抜)、トワイニングは1袋¥22.5(税抜)と約4倍の価格差がある。当然味も価格に比例している。美味しい紅茶を飲みたい人には物足りないだろう。

さらにお湯をどれぐらい入れればいいのか、具体的な量が書かれていないため、自分好みの量を探る必要がある。

だが、普段使いの紅茶を探している人にとって、キタノセレクションはとんでもなくコスパが良い。これからの季節はアイスでも飲むので、100袋入りでも問題なく消費するだろう。

今回初めて北野エースでキタノセレクションを購入したが、とてもコスパがいい商品だった。他の商品もまた機会があれば試してみたい。

タイトルとURLをコピーしました